本当は怖い歯槽膿漏のリスク!

歯槽膿漏について

歯槽膿漏は歯周病とも呼ばれ、そのリスクが危険視されている病気の1つです。子どもの頃から「歯を磨きなさい」と親から言われてきた人も少なくないかもしれませんが、口内環境を整えないことで、体調が悪くなる人もいると言われています。一体、歯槽膿漏とはどのような原因で起こるのでしょうか。その対策や、女性の歯槽膿漏について知っていきましょう。

まず、歯槽膿漏の原因は口の中の細菌です。歯槽膿漏の原因菌が歯垢などに溜まり、それが歯茎や歯の隙間で繁殖していき、発症に至ります。このときに歯茎の抵抗力が低くなっていると、発症の可能性が高まります。そのため、歯を清潔にブラッシングすることはもちろんのこと、歯茎の抵抗力をキープすることも大切なのです。

しかし、女性の場合は体に変革期が起こります。生理や思春期、妊娠時などで女性ホルモンが活発になると、歯槽膿漏の原因菌も活発に反応します。それだけではなく、抹消血管が拡張することで歯茎から出血するなど、歯茎の具合がおかしくなります。更年期になってから抵抗力が低くなってしまうことも見逃せません。歯槽膿漏の原因菌は、あらゆる場面で体のすみずみにまで行き渡り、それが命に関連する病気を起こす引き金のような役割を持つ場合があります。そのため、歯槽膿漏に対して対策を採るべきなのです。

「たかが歯みがきくらい」と侮ったために、体に大病を抱えてしまったり、最悪の場合命を落とす可能性があります。この記事はあなたの口内環境を良くする内容になっていますので、是非お読みください。