本当は怖い歯槽膿漏のリスク!

歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏の原因は、ずばり細菌です。細菌の種類や特徴、そしてその量などの病原性と、歯茎の抵抗力のバランスの関係性によって発症してしまいます。口の中には約300種類以上の細菌が存在しますが、歯槽膿漏の原因となる菌はその中でも10数種類だと言われています。その歯槽膿漏の原因となる金の量が増えていくことによって、発症に大きく関与します。歯茎の抵抗力が弱ってしまっていると、その可能性が高まります。

では、歯槽膿漏になる原因を取り除くにはどうすれば良いのでしょうか。それは歯垢を取り除くことです。歯垢は細菌の塊です。そのため、歯垢を磨き残ししていると歯茎と歯の間に細菌が溜まっていきます。そうすることによって、細菌の影響で歯茎が腫れたり、出血を招く歯肉炎などの歯茎に関する病気にかかってしまいます。

この状態ならば完治する可能性が高いですが、この状態を放っておくと細菌が歯槽骨を溶かし初めて歯槽膿漏になってしまいます。これが進行すると歯が抜け落ちてしまうかもしれません。そのため、適切な対応を取ることが大切になります。

歯槽膿漏は細菌が原因となります。日常的にデンタルケアを行なって歯垢を取り除く努力をすることによって発症を防ぐことが出来るのです。