本当は怖い歯槽膿漏のリスク!

女性の歯槽膿漏

女性の口内環境は非常にデリケートです。そのため、女性の方が歯槽膿漏になりやすいとも言われています。それは、女性の体は4つの変革期によって大きく変化するからです。生理・思春期・妊娠期・更年期の4つの変革期にはそれぞれ口内環境にどのような影響を与えるのでしょうか。

生理や思春期、妊娠期には女性ホルモンが大きく分泌し、それに影響されて口の中では歯槽膿漏の原因となる菌の一部が異常に増殖してしまいます。これは、その細菌が女性ホルモンを好むためです。それだけでなく、抹消血管の拡張が起きることで歯茎からの出血が起きやすくなるだけでなく、歯茎の状態が悪くなってしまうのです。

更年期にはそれとは別に女性ホルモンの分泌が低くなってしまいます。そのため、体調が悪くなったり抵抗力が低下してしまいます。そのため、歯茎の抵抗力も低くなり、普段は何も悪さをしないような菌も歯周病の原因となってしまうのです。

歯槽膿漏のリスクは女性の方が高まります。普段からのデンタルケアは重要ですが、体の変革期には特に注意が必要です。また、このような時期には専門機関での定期的な検診をすることによって、歯槽膿漏になる可能性を低下させることができます。