本当は怖い歯槽膿漏のリスク!

怖い歯槽膿漏のリスク

歯槽膿漏は口内の病気ですが、それの影響は全身に広がります。歯槽膿漏の原因菌は唾液や呼吸などによって肺に取り込まれます。さらに、歯茎の中の毛細血管から身体中の至る所に入り込みます。それが原因によって体の不調に繋がることがあるので、注意が必要になります。

具体的にはどのような影響が現れるのでしょうか。歯周病が原因となって肺炎の原因となります。肺炎は日本人の死因の第4位となり、死亡リスクの高い病気です。また、肺炎の死亡者のうち97%は高齢者というデータもあることから、高齢者は特に気をつける必要があります。

また、心臓や血管の血栓を作り易くなってしまうことも歯槽膿漏の原因菌のリスクとして知られています。血栓は歯槽膿漏や脳梗塞の原因にもなる血栓を作り出す歯槽膿漏の原因菌は、死亡リスクを高くすることにもつながります。歯槽膿漏は糖尿病にも関係しています。インシュリンの働きを妨害して血糖値をコントロールさせることを困難にするので、歯槽膿漏の人は特にデンタルケアをする必要があると言えます。

歯槽膿漏の原因菌は、体のあらゆる部分で不調をもたらします。それは死に直結する病気の引き金になることもあります。体の健康を守るためにしっかりと口内環境を清潔に整えましょう。